SONY α Eマウント

α7Cのファーストインプレッション(スチル使用の場合)

2020年10月23日の発売日にα7Cが届きました。

まだまだ届いたばかりで、部屋の中でしか試し撮りしていないんですが、よかった点や気になった所、カスタマイズなど、簡単に書いていこうと思います。

 

 

ファーストインプレッション・α7Cの良い点

AF性能がものすごい

実は1年間、使っていたα6400も、私が思っていた以上に良かったんです(笑)。でも気がついてなくて、α7Cを買うにあたって、色々、調べているうちに気がつきました。

なので、α6400以降に発売された「リアルタイムトラッキング」が付いている機種と比べて、α7Cが殊更すぐれている訳ではないんですが、「ロックオンAF」しかなかったα7Ⅲと比べると、ものすごい進化に感じるはずです。

 

とにかく「追随機能」がすごいので、

  • AF-C+トラッキング(拡張フレキシブルスポット)にしておくと、静物を撮るのでも「フォーカスロックでフォーカス位置が実際に移動してくれる感覚」で使えます。
  • α6000系にはなかったAF-ONボタンを使っても、AFモード、AFエリアの設定に関わらず、瞬時にトラッキングや瞳AFが開始されます。(MF時のみ不可)
  • また、タッチパネルで「タッチトラッキング」を使っても追随できますし、ファインダーを覗いている場合はタッチパットを使うことも出来ます。(タッチパットは追随とはちょっと違うんだけど)

こんな感じで、被写体にピントを合わせる手法が多種あるので、どれをどう使ったら本当に便利なのか、昨日は半日くらい検証していました。

 

ここから分かるように、α7CはMFで自分でじっくりピントを合わせるより、そこはカメラに任せたい方に向いている機種です。三脚を立てて風景をじっくり・・・よりは、瞬間を逃がさずに撮るスナップ撮影だと、最適な機種。

多分、開発時にもこの割り切りがあって、ファインダー倍率が低く設定されたりしたんでしょうね。

 

α7Cの良かった点は、このAF性能に付きます。(もちろん、その上、軽い)

 

 

キットレンズ、多分、いい

ホントにお部屋の中でしか試し撮りしていないので、まだはっきりとは言えないんですが、キットレンズよさそうです。

このへんはまた、色々、撮ってみてから作例を出したいです。

 

 

 

ファーストインプレッション・α7Cの気になった点

一方、気になった点は・・・

  • やっぱりカスタムボタンが足りない。あと1つ余分にあったら良かった。
  • スチル使用なので、バリアングルはやっぱりちょっと嫌・・・。チルト液晶の方が良かった。
  • また紙の取扱説明書がなかった。

という3点でした。

 

最近のSONY機は、全部、Webトリセツなのかな~?α6400もα7Cも「エコノミー機」扱いなので、上位機種に付いているのかどうかは、はっきり分からないんですが・・・

でも「エコノミー機種=初心者でも買うカメラ」には、紙のトリセツはあった方がいいですよね、ホントは。

 

α7CのWebトリセツ(SONY公式)

 

あと、それこそ上位機種には付いているらしいバッテリーチャージャーは、ついていませんでした。(もちろんなくても充電できます)

 

 

 

最初のカスタマイズ

ということで、カスタムボタンが少ないため、そこをどうカバーするかは事前に考えていました。

ひとまず、今はこうしてみました。

 

カスタムボタン

カスタムボタンで変えた所です。

この他に上部の録画ボタンを、APS-Cクロップにしました。

 

Fnキー設定

Fnキーの中身は、大幅に置き換えています。(スチル用のみ)

※α7Cは、スチル使用時と動画使用時と、それぞれにFnキーを設定できます。

 

 

録画ボタンはカスタマイズできる

上部に移動した「録画ボタン」はカスタマイズ出来ますし、カスタマイズしても「動画モード」にすると「録画ボタン」として機能しました。

 

 

 

その他、小ネタ

Lightroomとの互換性

発売日直後の現在、α7CはLightroomで既に簡易的にサポートされていまので、RAWで保存しても読み込めました。

ただ、キットレンズのSEL2860はまだサポートされていないので、レンズプロファイルは近い画角のFE28-70mmあたりと当てはめると、いい感じに補整されます。

 

シャッター音、悪くない

発売前に動画で見ていた限り、チープすぎてがったりしていたシャッター音なんですが、実際には、思ったほど悪くなかったです。

パシュ。とか、プシュ。とかの中間みたいな音で、コンデジのCanonのG7Xに近い感じでした。α7Ⅲのがバスッと来ますから、それに比べるとチープではあります。

 


以上、ざっと触ったところの感想はこんな所です。

 

 

-SONY α Eマウント
-

© 2020 非力Camera Powered by STINGER