SONY α Eマウント

2020年10月時点で考える、α7Cに合うレンズ・スチル編

どうやらα7Cのキットレンズである、SEL2860(FE 28-60mm F4-5.6)はいいらしいです。

SONYのキットレンズでこんなに前評判がいいものは初めてなので、私もボディ単体の予約から、レンズキットに変えてもらいました。

 

F値4-5.6と、少し暗いレンズですが、何と言っても167gという軽さ。そしてネット上の評判によると、解像度はいいとの事なので、後はフルサイズセンサーの暗所耐性に期待しています。

 

さて、この記事ではその他に、α7Cに合うレンズを考えてみます。

ただ、動画用ではなくスチル(静止画)用途のレンズ・・・となります。

 

α7Cには、タムロンのフィルター径φ67mmシリーズが、ベストチョイス

α7Cの「軽量小型」の良さを生かすには、レンズもやっぱり軽量小型のものがいいですよね。もちろん、写りもそれなり以上のものが望ましい。

となると、断然イチオシなのは、2018年以降にタムロンから発売されている、「フィルター径、φ67mmシリーズ」です。

参照

TAMRON  E-mount LENS LINEUP

 

2020年10月時点で、8本のレンズが発売されていますので、まとめてみましょう。

 

ズームレンズ

名称(ズーム値) F値 重量
TAMRON17-28F2.8 F2.8 420g
TAMRON28-75F2.8 F2.8 550g
TAMRON70-180F2.8 F2.8 810g
TAMRON28-200F2.8/5.6 F2.8~5.6 575g
TAMRON70-300F4.5/6.3 F4.5~6.3 545g

タムロンのFE用ズームレンズは、どれも「そのズーム値、そのF値」にしてはコンパクト軽量。

そしてAFもサクサク動きます。←ここもα7Cの高度なAF性能を生かすには、お勧めのポイント。

 

私も2本、持っています。

タムロン28-75 が来た!早速、その重量感をレビュー

sony α7iii使いの夫が、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDを買いました。 私はAPS-Cのα6000を使っていますが、sonyはフルサイズのα7iiiも私のα600 ...

続きを見る

α6400×TAMROM70180レビューと作例 in 札幌円山動物園

タムロン70-180F2.8を購入しました!APS-C機を使っている私には、35mm換算で105-270mmの「望遠ズーム」になります。   望遠側に広いレンズを買うといつも動物園へ試し撮り ...

続きを見る

 

TAMRON17-28F2.8は、このシリーズで一番最初に発売されたレンズなので買いましたが、今ならTAMRON28-200F2.8/5.6にするかな~・・・

 

↑ 現在、価格コムでも一番人気のレンズ。ホントにこの高倍率ズームで、そこそこ明るくて、そして575gは驚異的な軽さ。お値段もお手頃で、人気が出るのも納得です。

ほとんどの場面では、この28-200mmF2.8/5.6で足りると思うんですが、お子さんの学芸会、発表会などは、室内で暗くなりますので、70-180mmF2.8の方がお勧めです。

 

私もステージ撮影のご依頼をこなすために、買いました。

 

単焦点レンズ

名称(焦点距離) F値 重量
TAMRON20mmF2.8 F2.8 220g
TAMRON24mmF2.8 F2.8 215g
TAMRON35mmF2.8 F2.8 210g

 

タムロンのこのシリーズの単焦点レンズは、 今ドキの単焦点レンズとしてはF値2.8と暗めなんですが、ハーフマクロになっていて、寄れます。

なので、テーブルフォトをされる方には、特にお勧め。

 

24mmと35mmは「解像度もすごくいい」とネット上では評判なので、アクセサリーなどの小物を撮るのにもいいと思うんですが・・・

実際に撮っている私からすると、35mmでもアクセサリーを撮るには、ちょっと広いんじゃないかな~・・・と、不安で手が出せずにいます。

お値段もお手頃ですし、アクセサリー撮りにはF2.8でいいので、50mm前後が出てくれたら嬉しいんですけど。

 

また20mmって自撮り用画角なので、Vlogerの方には重宝される画角のようですが、タムロンのこの単焦点のシリーズは、ズームレンズと違って、AFは遅いんだそうですよ・・・。

Vlogerの方には、SONY純正のSEL20mmF1.8Gの方が人気のようです。(お高いですけどね)

 

 

SIGMAの45mmF2.8 コンテンポラリー

ここまでタムロンのレンズをご紹介してきましたが、最後にSIGMAのレンズも、1本、紹介しておきます。

 

SIGMA 45mm F2.8 DGDN Contemporary

 

私はAPS-Cで使っていた、SIGMAの30mm(換算45mm)が大好きで・・・

SIGMA30mm F1.4 DC DN レビュー・1年使っての、使い勝手

私が最初に持ったレンズであり、大好きなSIGMA30mmF1.4DCDNコンテンポラリー。使い出してからもう1年以上経ちますので、改めてこのレンズのレビューを書いてみようと思います。   こ ...

続きを見る

 

ボディをα6400からα7Cに変えるにあたり、それと置き換え出来ないかと考えたんですが、

残念ながらこの45mmF2.8はSIGMAの新しいコンセプトのレンズだそうで、「解像度より、オールドレンズライク」なんだそうです。

 

ちょっと滲んだ感じの描写と、美しい後ボケとか・・・

 

SIGMAのボケは上品ですごく綺麗なので、きっとボケを求める方にはめちゃくちゃいいと思うですけど、私はアクセサリーを撮るのに使いたいので、キレキレの解像度が欲しいんですよ・・・。

 

そんな訳で、ボディを変えても30mmDCDNは残す事にしました。

私のような事情でバッチリの解像度を求めている方でもなければ、きっとこの45mmDGDNも、すごくいいレンズだろうと思います!

スチル使用の方で、「どれか単焦点レンズを1本だけ」とお考えの方には、タムロンのシリーズより、私はこちらをお勧めしたいです。画角も45mmって、自撮りじゃない場合は逆に万能で使いやすいですよ~。

 

 

-SONY α Eマウント
-, ,

© 2020 M Camera Note Powered by STINGER