写真活用

【インスタグラム】普通の写真アカウントで「統一感」を出す為の、6つのアイデア

インスタグラムで「いいね」やフォロワーを増やすコツとしてよく言われるのが、「写真の統一感」です。

例えば、「今日のコーデ」だけをアップしているオシャレ女子とか、食べたラーメンばっかりアップしている食テロの方なら、もうそれだけで統一感は自然に出せるんですが・・・

幅広く何でも撮る・・・という、写真が趣味の「普通の写真アカウント」の場合、どうやったら統一感を出せるか?

 

ここでは実際に私がやった事も含め、普通の写真アカウントで「統一感」を演出するための、6つのアイデアを紹介していきます。

 

写真のジャンルを絞る

幅広く何でも撮る、普通の写真アカで・・・としながらいきなり何ですが、やっぱりこれです。

アップする写真のジャンルをある程度、絞るのが、統一感を出すには一番手っ取り早く、効果的なんです。

 

私は以前はホントーに何でも撮って、何でもひとつのアカウントにアップしていたので、かなりゴチャゴチャした感じになっていました。

日常の出来事とか自撮りは、一切、入れていませんよ!

そうではなくて作品として撮ったものだけだったんですが、それでも風景だけでも星景、街、自然、神社とあったし、それに動物も入っていたので、ずっとそのごちゃまぜ感は、自分でも気になり続けていました。

 

そこで一念発起。その中でどうしてもテイストが異質で馴染まなかった、都会の街の景色だけ分割して、街アカを別に作りました。

結果、元々のアカウントはこんな感じに。神社&ネイチャーアカウントになりました。

 

街アカはこうなりました。

 

これだけで何となく統一感は出ました。

 

 

色を統一する

季節に逆らわずアップする

自分のギャラリーの色味を統一する方法は2つあって、一つは「春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の写真をアップする」という、とっても単純な方法です。

これは屋外撮影をする方なら、ぜひ、やってみて欲しい。

 

こうすると自然と、春から冬へと移り変わる自然の色と光の色合いのギャラリーが出来上がり、統一感が出るんです。

 

北海道なんか雪解け時期はロケーションが悪く、撮るに撮れないので過去写真でお茶を濁すんですが、そんな時も、春先だっていうのに秋の写真をアップしたりはしません。それやると「淡~い春の色合い」の中に、突然、「くっきり濃いぃ」秋の色が混じって、統一感台無しです。

 

 

使用するフィルターを統一する

もう一つは、これは巷のインスタ戦略としてよく言われる技なんですが・・・

例えばインスタにだって、こういうフィルターは付いているので、「その中で、使うフィルターをひとつと決めて、全ての写真をそのフィルターで加工して投稿する」という・・・まぁ、それやれば統一感は出せますよ、確かに。

 

しかし写真が趣味の写真アカの皆さんは、そんな加工の仕方、楽しくないと思うんですよね~・・・。(少なくても私は面白くないです)

なのでこれはやっていないんですが、なーんとなく「グレイッシュが好き」とか「鮮やかなのが好き」とかは、個人の好みとしてあるじゃないですか。その自分の好みに逆らわずにレタッチする・・・という事は守っています。

 

私はどっちかというと、「明るくクリアでパキッとした感じ」が好きなので、出来るだけ、それで統一するようにしています。たまに「明瞭度低め」とかにもしたくなるんですが、そこは我慢。

 

写真の処理の仕方で言えば、加工はせず、「撮って出しだけギャラリー」っていうのも、ひとつの手ですよね。

 

 

アングルや画角を統一する

これも写真がお好きで、色々、撮る方なら、出来ない事かも知れないんですが、画角やアングルをそろえても、統一感は出せます。

 

画角をそろえる

私が以前の「なんでもごちゃまぜアカウント」にしていた頃は、自分の写真ばかりでなく、夫の写真も混ぜていました。

元々、ホントーの初めは、カメラの技術的な事が分からず自分で撮れなかったので、構図だけ決めて夫に撮ってもらっていたという事情もありましたし、何より夫がインスタをやっていなかったので、彼の撮った美しい風景写真をみんなに見て欲しいっていう気持ちがありました。

しかし統一感に悩む私に夫本人は、「オレの写真を消せば?」とアドバイスし続けてくれていたので、街アカを作った際に、思い切ってほとんどを削除しました。

 

・・・結果。

夫がメインで使っている「超広角~広角域レンズ」で撮った写真が抜けた為、残ったのは私が好きでよく撮っている、「標準ズーム域」での写真だけ。

なんと、たったこれだけで統一感はアップしたんです。

 

この結果は、私もびっくりしました。好きな画角がある方は、その画角を中心にギャラリーを作ると、それだけでも統一感は出ます。

 

 

アングルをそろえる

例えば、食テロをやっている方なら、「いつでも同じアングルから撮る」は、大いにアリですよね!普通の写真アカウントだと、なかなかそれ、出来ないですけどね。

何かの商品を販売しているショップの「商品紹介ギャラリー」でも、使える手です。

 

 

どれも出来なければ、白枠、黒枠を付ける

これまでの方法について、「色々、撮りたいから、どれも出来な~い」と思われるアナタは、最後の手段として「白枠、黒枠を付ける」という手がありますよ。

 

例えば先ほどの、私の街アカ。写真に白枠を付けています。

 

こうしたのは、都会の中の景色って雑多な色があるので、ただ並べただけだと、ものすごくうるさく感じたから。

 

なので、雑多なテイストのものを並べる際には、こうして白枠(or黒枠)を全ての写真に付けてやると、スッキリします。

 

やり方は、こうして正方形の中に入れるだけ。世の中には「正方形さん」という、それ用のアプリもあるようですが、私はフォトショあるからフォトショップでやっています。

 

 

6つのアイデア、まとめ

以上、インスタグラムの写真アカウントで統一感を出すアイデアは・・・

 

  • 写真のジャンルを絞る
  • 季節に逆らわずアップする
  • 使用するフィルターを統一する
  • 画角をそろえる
  • アングルをそろえる
  • 白枠、黒枠を付ける

 

の、6つでした。

どれか出来そうなものがあったら、参考にして下さいね~!

 

 

では、今日もお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

-写真活用

© 2020 M Camera Note Powered by STINGER