その他カメラ情報

おすすめクロスフィルター・1/4だけキラッとするRパーシャルクロススクリーン

冬はイルミネーションが美しい季節。そのイルミネーションをより華やかに撮れるのが、各種クロスフィルターです。

4本線、6本線、8本線とあり、本数が多いほど華やかになりますが、私は線の本数で選ばず、これ↓を選びました。

 

じゃ~ん。

全体の1/4にだけ、クロスが入っているRパーシャルクロススクリーン。4本タイプしかないので、必然的に4本線。

 

こういう感じ。回転させられるので、どこにクロスを持ってくるかは自由に選べます。

全体にクロスが入っているタイプと違い、画面の一部だけキラッとさせることが出来るので、上品にかわいく仕上がりますよ。

 

作例・Rパーシャルクロススクリーンで撮る、札幌の夜景

ホワイトイルミネーション

sonyα6400 Tamron2875 F2.8 SS1/40 ISO200

札幌の年末を飾る風物詩、ホワイトイルミネーション。下方向にクロスを持ってきました。

 

sonyα6400 Tamron2875 F2.8 SS1/125 ISO200

こちらも同じく。手持ち撮影ですが、イルミネーションの灯りって、結構、明るいので、ISOはさほど高くならなくて済みます。(ごりごりレタッチはしていますが・・・)

 

sonyα6400 SEL1655G F2.8 SS1/30 ISO400

こちらは、地下歩行空間の天窓を通してイルミネーションを見上げた図。上方向にクロスを掛けています。

 

クロスフィルター+ミニチュアモード

sonyα6400 Tamron2875 F2.8 SS1/50 ISO400

こちらは室内の大きなクリスマスツリーをミニチュアモードで。クロスは上方向。

SONY α のミニュチュアモード・使い方と作例

一眼レフカメラには撮った物がミニチュアの様に見えるエフェクトが付いています(特に入門機やミドルクラス機の女子カメラの方が付いています)。 各メーカー、呼び方は違いますが、sonyでは「ミニチュアモード ...

続きを見る

 

クロスを月に掛けると・・・

sonyα6000 SIGMA30mmF1.4DCDN F9.0 SS1/3 ISO3200

クロスを上へもってきて月に掛かるようにしました。銅像と相まって、ステージの照明のような効果が出ました。

 

sonyα6400 SEL1655G F9.0 SS5秒 ISO400

こちらはクロス方向を下にして、月はそのままに、街明かりにクロスを掛けたもの。

 

クロスフィルターを使う際の注意

製造元のケンコーさんのサイトでは、「クロスフィルターは絞りを開いて使った方がいい」と書かれていたんですが、私はそれは若干、疑問符です。

というのも・・・

 

SEL1655Gで絞り開放のF2.8で撮ったものですが、背後の玉ボケをよーくご覧下さい・・・

 

ああ、玉ボケがチェック模様に~(TT)

 

こーなると、とってもカッコ悪いと思うんですよ。なので、あんまり玉ボケさせないように、若干、絞り気味の方がいいんじゃないかと。光源が小さければ大きな玉にならないので、開きでも大丈夫だと思うんですが・・・。

 

 

ケンコーRパーシャルクロススクリーン

 

フィルターをお買い求めになる際には、お使いのレンズに合うフィルター径のものを買って下さいね。径が合わないと着けられないですから、ご注意を。

 

では、今日もここまでお読み頂いて、ありがとうございました。

-その他カメラ情報

© 2020 M Camera Note Powered by STINGER