プロフィール

Masaeです。

■ 北海道札幌市在住

だいぶ大人女子。

夫がミラ-レス一眼レフカメラを買ったのをきっかけに写真を撮り始め、今は身近な方々のご依頼を受けて撮影するまでになりました。

が、「キレイに撮ろう」とすると、カメラもレンズも大きく重たくなっていくばかり。

 

しかし我が家にマイカーがない私にとって、その重量はかなりの負担。

北海道に住んでいてマイカーがないというのは、ちょっと特殊要素だと思いますが、首都圏に住んでいる女子の方なら、状況は同じではないでしょうか?

 

女性はただでさえ、男性より荷物が多いです。

そこにカメラの重量が加算されるのは想像以上の負担で、実際に身近な女性に見聞きした「一眼レフを買ったけど、使わなくなった理由」は、圧倒的に「重くてかさばる。持ち出すのがおっくう」でした。

 

しかし、ご依頼で撮っている以上、私は「キレイに撮る」はあきらめる訳にはいかず、スマホカメラで代用は出来ません。

そんな私が、実際に試行錯誤して使っている装備を、このブログではご紹介していこうと思っています。

 

 

撮っているもの&撮影スタイル

ご依頼ではプロフィール用写真などを撮影しています。ちょっぴりだけ立ち位置やポーズを指定して、後は自由に動いてもらう中で撮っていく「スナップポートレート」のスタイルです。

風景を撮る場合も、特に下調べなしのスナップ撮り。三脚は夜景以外では使わないです。

 

amebloプロフィール

 

撮影に使っている機器

カメラ本体


α6400の前は、1年間、α6000で頑張っていました。
SONYα6000レビュー・作例集目次。風景を撮るならコスパ最高!

私がメイン機で使っているSONY α6000。(※その後、α6400に乗り換ました) 2019年現在でも、風景を撮るなら最新機種じゃなくて、このα6000がオススメです。 それはなぜか?という話と、α ...

続きを見る

 

レンズ

現在、風景撮影時にメインで使っているレンズはSONY SEL1655G

 

人物撮影は、タムロン2875F2.8

 

ステージ撮影などは、タムロン70180F2.8

 

ズームに移行する以前に愛用していたSIGMAの単焦点から、1本だけ手元に残した30mm。解像度は最強で、小物撮影にはかかせません。

 

 

 

サブ機

登山や旅行にはCanon G7X mark2(コンデジ)

 

手持ちのカメラがなかった場合には、HUAWEI P20pro(スマホ)

 

 

© 2020 M Camera Note Powered by STINGER