SONY α Eマウント

やっぱりすごいSIGMA30mmF1.4DCDN。フルサイズになっても手放せない

カメラがフルサイズになったので、レンズも入れ替えがありました。

アメブロ記事 ↓↓

α7Cになっての、現在の私のレンズ装備

で、↑のリンク記事にある通り、APS-C用であるSIGMA30mmDCDNを残したんですが、本当はフルサイズ用と入れ替えたい。

せっかくならフルサイズ機のポテンシャルをそのまま、生かしたい。

そう思って、Eマウントはもちろん、マウントアダプター経由で使えるオールドレンズやCanonのEFマウントまで、50mm前後の単焦点を調べるも、どうしても「これ」というのが出て来ない。

 

まぁ、また私が「軽いの」とかこだわってるからなんですが、50mm前後の単焦点は小物撮影に使うので、軽いと同時にバッチリの解像度がないとダメ。

しかしこれに悩んでいるうちに、手持ちのTAMRON2875も「解像度良し」という検証結果記事を見つけ・・・

 

あれ?SIGMAに比べていいと思ったことないTARMON2875が?

あれれ?もしかしてボディがフルサイズだと、違う??

 

・・・と、そんなことある訳ないと思いつつ、実際に実験してみました。

また、SIGMA30mmDCDNをα7Cに付けて夜景も撮っているので、そちらも掲載しています。

 

 

TAMRON2875と、SIGMA30mmDCDNを撮り比べ

小物撮影に使う、と前記しましたが、具体的にはアクセサリーです。

ガラスのビーズを使った物などを撮るので、似た条件で、家にあったガラスの花瓶の気泡を、マクロフィルター使用で撮影してみました。

 

TAMRON2875

まずはTAMRON2875。

あれ?確かに悪くない。ちゃんと解像してるじゃん・・・と、心踊ったんですが・・・

 

 

SIGMA30mmDCDN

・・・さすがでした。さすが過ぎました。

スマホで見ると違いがあまり分からないと思うんですが、PCで大きく見ると、差は歴然です。

 

こうして比べると、TAMRON2875の方も、解像度はいいんですね。

でも解像度だけじゃないキレイさがSIGMAにはあって、それが今まで私が「SIGMAの方が解像度がいい」と何となく思っていた原因だったんですね。

ちょっとメリハリが効いていて、TAMRONより少しだけ、コントラストが高い感じ。抜けがいい。

 

 

TAMRON2875のデータをレタッチすれば・・・

TAMRON2875の画像をSIGMA風に見えるように、Lightroomで「かすみの除去」を掛けてみました。

まぁ、何となくそれ風にはなります。

 

SIGMA30mmDCDNはAPS-C用なので、α7Cで使うと画素数が少なくなっちゃいます。

今のところアクセサリー撮影はWeb用途で使用するデータだけなので、それでも問題ないんですが、どうしても画素数が足りなくなる場合は、TAMRONで撮ったものをレタッチするか・・・α6000を買い戻すかしかないかな~。

 

※買い戻しました・・・

 

 

α7C+SIGMA30mmDCDNで、マチナカ夜景撮影

さて、TAMRON2875との撮り比べとは別に、α7Cに付けて夜景も撮影してきていたので、そちらもギャラリーでご覧下さい。

画像クリックでポップアップします。

 

 

※当ブログに掲載している写真の無断転載は硬くお断りしております。

 

換算45mmですから、展望室からの夜景だと画角的に狭かったりしますが、やっぱりF1.4はいいですね。ISO400で、1/50秒で手持ち撮影出来てしまいました。

 

 

SIGMA30mm F1.4 DC DN レビュー・1年使っての、使い勝手

私が最初に持ったレンズであり、大好きなSIGMA30mmF1.4DCDNコンテンポラリー。使い出してからもう1年以上経ちますので、改めてこのレンズのレビューを書いてみようと思います。   こ ...

続きを見る

-SONY α Eマウント
-,

© 2021 非力Camera Powered by STINGER