撮影方法、写真活用

雪の撮り方・降る雪をきれいに丸く撮るには

冬の撮影の楽しみのひとつは、こういうきれいな丸い雪の玉の撮影です。撮影方法の基本は簡単なので、まとめました。参考にして頂ければ嬉しいです。

この記事で分かること

  • 雪の撮り方の基本
  • 必要な気象条件

雪を撮るための基本

カメラの設定

降ってくる雪を、きれいな丸い玉に写すには、基本的に「玉ボケ」と同じ設定にすればOKです。

すなわち・・・

ココがポイント

  • 焦点距離;広角より望遠がGood!
  • 絞り(F値);開放
  • シャッタースピード;高速ぎみ

です。

「シャッタースピード高速ぎみ」って、普通の玉ボケの設定と違うよね?
はい。そこだけは「雪」の場合の、独特の設定です。

 

何度もやってみて分かりましたが、雪の場合、特にシャーッと降ってきている時は、シャッタースピードが低速だと、流れてしまって写りません。

なので、高速ぎみの方がGoodです。(1/300程度で充分です)

 

sonyα6400 SEL1655G(73.5mm相当で撮影) F3.5 SS1/160 ISO100

こちらは雪を写すのに適したカメラ設定で撮影したもの。きれいに写っていますね。

 

sonyα6400 SEL1655G(63mm相当で撮影) F9.0 SS1/320 ISO640

しかし、同じ日の同じ時間に、同じように降っていた雪なのに、ちょっとF値を絞っただけで丸くは写らなくなりました。

こういう場合にはフラッシュを足します。

 

外付けフラッシュを使う

安物フラッシュでもOK

sonyα6400 SEL1655G(82.5mm相当で撮影) F13 SS1/250 ISO1000

こちらは出来るだけ奥までピントを合わせたかったので、F値は13とかなり絞っていますが、外付けフラッシュで光を足してやると、こうして丸く雪が写ります。

 

このフラッシュを使うやり方の方が、丸い雪を撮る方法としては一般的です。

 

やり方は簡単。カメラの前方の空間にフラッシュを向けて、光らせるだけです。

私は激安ストロボ使っていますが、結構、使えますよ~。

 

カメラ内蔵のフラッシュじゃダメなの?
はい。一度、挑戦しましたが、外付けより光が弱いせいか、上手く写らなかったです。

 

 

フラッシュを使う際の注意点

フラッシュを使う際の注意点は、雪以外の被写体が白っぽく「悪光り」する事があるっていう点です。

 

撮って出し

赤い矢印部分なんかそうですね。フラッシュの影響で、光ってほしくない部分まで照らされてしまっています。

 

レタッチ後

レタッチで目立たないようにはしたんですが・・・

 

これが例えば「人物と雪」を撮った場合だと、人物がフラッシュの影響で品がなく照らされてしまったりすると、ちょっと対処が難しくなります。

なので、その場合はフラッシュ光を弱くしてみるなど、調整してみて下さいね。人物と雪なら、フラッシュに頼れない場合には絞り開放にして、人物にピントを合わせるといいと思います。

 

 

必要な気象条件

同じ雪でも小雨のようにシャーッと降ってくる時もあれば、フワフワっとゆっくり降ってくる時もあります。玉ボケにしやすいのは、フワフワ、ゆっくり舞い降りてくる雪です。

 

理想の玉ボケ雪は、北国に住んでいても、ワンシーズンにそう何回もないです。まず、気温はマイナスである事が必要で(←必ずしもじゃないですが、暖かくなると小雨のような雪になりがちです)、風がなく、天気予報での降水雨は1mm/h以上が理想。

ココがポイント

  • 気温はマイナス
  • 風が無風か、ごく弱い風
  • 降水雨は1mm/h以上の降り

↑こうですね。

 

降水量が0.5mm/h程度だと、F値を絞るとかなり写りづらくなるので、出来れば「カメラに積もる雪がちょっと気になるくらい」が写しやすいです。

 

ただ、カメラは水濡れはホントは危険ですよね。カメラ用のカッパを使う方もいると思うんですが、私は雪の撮影の時は、カメラを使わない時はバックにすぐしまうようにして、出している間はタオルでマメに拭いています。

 

・・・私がハンドストラップを使わない人だったら、ミーナさんの「カメラのレインコート」、小型カメラ用だし、このままネックストラップは使えるので、便利だと思うんですけどね~。

 

男性の方には、こんなの↓↓↓もありました。

 

あ、でもどっちでも、外付けフラッシュを付けられないですね。

・・・チーン。

 

気象条件が良ければ難しくないので、ぜひ挑戦を

sonyα6400 SEL1655G(82.5mm相当で撮影) F5.0 SS1/320 ISO100

 

以上、雪を丸く撮る方法について書いて来ましたが、カメラの設定と気象条件と、どっちがものを言うかというと、経験上、私は気象条件だと思っています。

理想のフワフワ雪さえくれば、撮るのはさほど難しくありません。

そんな雪に出会えたら、ぜひ、挑戦してみて下さいね!

-撮影方法、写真活用

© 2020 M Camera Note Powered by STINGER