SONY α Eマウント

α6400×TAMROM70180レビューと作例 in 札幌円山動物園

タムロン70-180F2.8を購入しました!APS-C機を使っている私には、35mm換算で105-270mmの「望遠ズーム」になります。

 

望遠側に広いレンズを買うといつも動物園へ試し撮りに行くので、今回も円山動物園へ行ってきました。

今回はその成果を含め、タムロン70180のレビューです。

 

この記事で分かること

  • Tamron70-180F2.8の、外観とズームロック機能
  • ボケ具合
  • 動物瞳AFの効き方
  • ボディ内手ぶれ補正のない、α6400で手ぶれないか?
  • 重さ対策

 

TAMROM70-180の外観

α6400に付けて、フードも付けるとこんな感じ。ちょっとフロントヘビーなのは否めません。

重量も810gで、このクラスの望遠ズームとしてはものすごくコンパクトながら、標準ズームしか使っていなかった私としては、初めて「レンズに添えている左手に重さが掛かる」と感じました。これもフロントヘビーゆえかも知れません。

 

自重で勝手に伸びないように、ズームロックボタンが付いています。

実際に動物園で持ち歩いてみたら、一度だけ、重たさで勝手に伸びていたので、これは必要なんですね。

 

 

まずは紫陽花を試し撮りし、ボケ具合を確認

さて、動物園へ行く道がてら、まずは紫陽花を撮影。

 

オートフォーカスで

sonyα6400 TAMRON70180mm(270mm相当で撮影) F2.8 SS1/250 ISO1250

 

sonyα6400 TAMRON70180mm(270mm相当で撮影) F2.8 SS1/250 ISO1250

 

美しいですね!

ボケの美しさは、タムロンの同じシリーズのTamron2875より「とろける」感じで、きれいだと思います。

「わ~、これが望遠ズームのボケか~」と、静かに感嘆してしまいました。

 

タムロン2875の方は、特に明るい背景に向けて絞りを開放し、玉ボケにした際に「ちょっとうるさい」って感じるんですが、ここの場所は背景が暗めだったので、そこはどうだかは確認しきれませんでした。

 

 

マニュアルフォーカスにして、寄る

sonyα6400 TAMRON70180mm(105mm相当で撮影) F2.8 SS1/250 ISO800

タムロン70180はオートフォーカスの場合、最短撮影距離は0.85mなんですが、

ワイド側の70mmでマニュアルフォーカスにすると0.27mまで寄れるとの事だったので、やってみました。

 

え~と、題材が紫陽花だったのが悪かったと思うんですが、ファインダーを覗いていて「どこを狙っているのか、分かんない・・・」になっちゃって、ちょっと難しかったですね~。寄れるのは寄れますよ!

 

 

動物園で「動物瞳AF」をテスト

私は望遠ズームは「人物撮影」で使いたいので、瞳AFが効くがどうかが非常に大事!動物園で試し撮りするのは、その為です。

 

sonyα6400 TAMRON70180mm(270mm相当で撮影) F2.8 SS1/500 ISO400

が。どーも瞳AFが作動しない・・・。

Tamron2875の時は、バシバシ入りまくったんですが、もしかして、望遠になるほど、捉えなくなるだろうか??

 

AF-Cは効いているので、瞳AFが作動しなくてもこの程度には合うから、許容範囲ではあるんですが・・・

 

sonyα6400 TAMRON70180mm(270mm相当で撮影) F2.8 SS1/500 ISO400

こんな感じですよ。目の部分のアップは、ピクセル等倍です。

 

人間に近いサルで入らないのには焦りまして・・・

こっそり、動物園へ来ていたお客さんで「人物・瞳AF」を試させてもらったんですが、バシバシ入りました。(※シャッター半押しで試しただけなので、撮ってませんよ~)

届いた際に夫で試しても、眼鏡をかけていても爆速で入ったので、人物は大丈夫なんだとは思います。

 

 

sonyα6400 TAMRON70180mm(270mm相当で撮影) F2.8 SS1/500 ISO250

この日、なぜか問題なく「カメラを向ければ、即、瞳AF・ON」だったのが、ダチョウ。

画角は象や猿と同じなので、望遠具合の問題じゃないのかも知れません。

 

普通だったら瞳AFの効きは、ボディのα6400側の問題と考えるところなんですが、

猿も象もTamron2875の時は効いてくれたので、レンズ側の問題なんじゃないかな~??って気がします。

 

sonyα6400 TAMRON70180mm(270mm相当で撮影) F2.8 SS1/500 ISO250

たまに目じゃなくて「鼻の穴」に合っちゃってたのは、ご愛敬。

 

 

α6400で、手ぶれないのか?

私は最近は、「人を撮るのは(大人で)1/250秒以上なら、被写体ブレしない(=手ぶれもしない)と、分かってきたので、この日はすべて1/250秒以上の高速シャッターにしていました。動物は1/500秒。

こうすると、手ブレの問題は本当に出ないです。

 

 

作例ギャラリー

画像クリックでポップアップします。

※当ブログに掲載している写真の無断転載は硬くお断りしております。

 

 

この日は、オランウータンも撮っていました。

他の動物は「AF性能の試し撮り」って意識が大きかったですが、オランウータンはとても魅力的で、この日、唯一、没頭して撮れました。

 

アメブロ記事 ↓↓


「オランウータンのレンボーと、心で会話する」

 

 

Tamron70180、ご購入はこちらから

 

 

望遠ズームは重たいので、「重さ対策」はこちら。
女子カメラバックの究極案・ミニキャリーバック

カメラバックの話は以前にも書いたんですが・・・   この度、望遠ズームレンズを買い足したらバックなんかじゃもう持ち歩けなくなりまして、小さなキャリーバックを買いました。 そしたら!めちゃくち ...

続きを見る

 

 

では、今日もここまでお読み頂きまして、ありがとうございました!

 

 

-SONY α Eマウント
-

© 2020 M Camera Note Powered by STINGER