撮影方法、写真活用

カメラの手ぶれ防止は、カメラの構え方とシャッタースピード

以前、こちらの記事で「手ぶれ防止には、ハンドストラップ」と言う事を書いていました。

α6000/α6100/α6400で手ブレ防止するには?ハンドストラップと撮影方法

2019年2月22日、sony αの6000台シリーズに、新しくα6400が発売されました。 αシリーズの中では現在最上位機である、α9から譲り受けた「瞳AF」と「リアルタイムトラッキング」が本当にす ...

続きを見る

以来、このブログではクラッチタイプのハンドストラップはお勧めしてきましたが、気がつけば、自分ではめっきり使わなくなりました。

 

カメラにはそのまま、つけっぱなしにしてあるんですが、ファインダーを覗くようになったら何だか使いづらくて、ハンドストラップごとグリップを握っている日が多くなりました。

 

そして、それでも手ぶれなくなりました!

その要因は、

  • カメラの構え方を変え、ファインダーを覗くようになった事
  • シャッタースピードをやや高速にするようになった事

の、2つです。

 

この記事では、その2つについて、詳しく書いています。

 

1.手ぶれ防止には、カメラを正しく構えること

カメラの正しい構え方

カメラを買ったばかりの頃、家にあった初心者用の「写真の撮り方」の本を読んだところ、「手ぶれ防止にはこのようにカメラを構えるといい」と、図解されていました。

 

※モデルがオバサンで申し訳ないです。

ネックストラップを使って、それをピンと張る。

 

ホントーに初心者で何にも知らなかった私は、これをずっとやっていました。

確かに、ちょっと手ぶれはしなくなります。

 

ところがしばらくして、CanonのKissを借りた時、そのトリセツを読むと「カメラの正しい構え方」はこうだと、載っていたのです。

 

右手でグリップを握り、左手はレンズに添える。

 

えええ?! そうだったんだ!

 

やってみたところ、左手の添え方は、私はこっちの方が楽ですが・・・

まぁどっちでも、「しっかり持てる」なら、大丈夫なんだと思います。

 

そんな訳で、こんな基本的な事も知らなかった私は、以来、この持ち方に変えたんですが、

ちょうどこの頃からマニュアルフォーカスもよく使うようになって、すると背面の液晶画面だとフォーカス合わせが分かりづらいので、ファインダーもよく覗くようになりました。

それで、ハンドストラップは使わなくなったんですが・・・

 

結果、ネックストラップでピンと張っていた頃より、手ぶれ率はグーンと下がったんです。

 

これは「右手でグリップ、左手をレンズ」の持ち方の方が、「ネックストラップをピンと張る」より、安定するからだと思います。

手ぶれ防止には、とにかくカメラをしっかり固定する事なので。

 

 

背面液晶を使うなら、ハンドストラップは有効!

私は「右手でグリップ、左手でレンズ + ファインダーを覗く」で、手ぶれ率がグンと下がりました。

理屈はよく分からないですが、ファインダーを覗くという行為は「右手、左手、目」という、3点でカメラを固定する事になるんだそうです。

でも、ミラーレス時代の今、ファインダーが付いていないカメラもあるんですよね。

 

背面液晶だけで撮影する場合は、やっぱりクラッチタイプのハンドストラップは有効ですよ!

 

 

2.人を撮るようになって変わった、シャッタースピード

2つ目の理由は、シャッタースピードをやや高速にするようになった事です。

 

風景だけ撮っていた時は、1/100以上のシャッタースピードって、ほとんど使っていませんでした。

それが人を撮るようになって、試行錯誤の末、「これなら被写体ブレしない」と導き出したシャッタースピードは、1/250。

 

プロの方の中には、1/200なら被写体ブレしないとおっしゃっている方もいるので、1/200でも大丈夫かな?とは思うんですが、例えば「ゆっくりでも歩いている」人を撮ったりすると、1/250以上じゃないとブレます。

 

で、実際にシャッタースピード1/250で人を撮り出すと、よっぽどじゃないと手ブレもしない事に気がついたんです。

 

被写体ブレしないシャッタースピード = 手ぶれしないシャッタースピード です。

 

なので・・・人物を撮るのが主な方って、元々、手ぶれしないシャッタースピードじゃないと撮れないですから、カメラ本体内に手ぶれ防止機能が付いているかどうかって、あんまり気にしなくてもいいんですよ。あれは「なるべく低速シャッターにしたい場合」に、効力を発揮するものなので。

 

 

まとめ・正しい構え方とシャッタースピードで、手ぶれしなくなります。

ということで、すごく単純ですが、

「正しいカメラの構え方」と「やや高速のシャッタースピード」で、手ぶれはしなくなります。

ぜひお試し下さいね~。

 

 

-撮影方法、写真活用

© 2020 M Camera Note Powered by STINGER